忍者ブログ
セカイノチュウシンデ「マチ」トサケンダケモノ

セカイノチュウシンデ「マチ」トサケンダケモノ

最近本格的にMMORPG「LastChaos」で始動し始めたξマチξのブログでぇすw 見かけたら大声で「ブログ見てます」と言ってやってください
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

        1

―――は~あ。なんで俺がこんな事を

凶助は薪割りをかなり速いペースでしている。

なぜ薪割りをしているかというと

凶助は行く場所がないという事なので

居候することになったのだ。(厳密に言えばされたが正しいだろう)

それで恵美に

「居候なんだから、薪割りしてこい」

と言われたため(↑凶助にはそう聞こえた)

仕方なく凶助は薪割りをしているのだ。

凶助は50本ほどあった薪を割り終えた。

そこへ恵美が通りかかった。

そして恵美は微笑し言った

「速いわね~。もう終わったの?

じゃあ次・・・・・・・」

「ちょっと待て。まだやるのか?」

「当たり前じゃない。あんた

居候でしょ。居候」

恵美は「居候」を強調して言った。

凶助はいかにも「マジかよ」というような顔をしていた。

「はい!じゃ次・・・・・・・・・・・

        2

凶助が畳の上にぐったりと倒れている。

かなりの重労働の末、ついに「夕食ができた」という知らせが

きたのだ。

凶助のとなりには純友が茶を飲んでいる。

そこへ恵美が夕食を持ってきた。

ご飯に味噌汁、漬物・・・・・やはり和食だった。

「それじゃ、食べましょう」

凶助、恵美はいただきますと言い食事を始めた。

純友はいただきますと言う前にもう食事を始めていた。

「ところでさ。なんで俺を警戒しないんだ?

その人間界から来たんだろ、俺。別の世界の人間なのに・・・・・」

「別にわしらはお前を警戒していないわけではないんじゃ

ただ・・・・・・・・・」

純友は言葉が止まった。

「まあ、兎に角、俺はまず本の世界に戻りたいんだ。

まだあっちの世界でやりたい事があるし。ていうか人間界に戻る方法

あんの?」

凶助はそう純友に聞いた。

「ないわけではない。が・・・・・・・・・」

「が?」

「かなり危険を伴うぞ」

「まあ、兎に角その方法はなんなんだ?」

そして純友は言った。

「魔界暗黒武道会に優勝する事じゃ」

PR

        1

―――俺死んだのか?ああ

なんだか気持ちいい。もしかしてここ天国じゃ・・・・・・

「ねえ。ねえってば」

―――なんだか呼ばれているみたいだ。

ていうか、なんか何処かで聞いたようなーーーーって

凶助は聞きなれたような声で呼ばれたため一瞬でなぜか起きてしまった。

「綾か?」

この聞きなれた声は綾とまったく同じというほど似ていた上に

顔もまったく同じというほど似ていたのだ。

「綾?誰それ?」

―――綾じゃないのか?まさか、でも・・・・・・

「私は恵美。白崎恵美。あなたは?」

突然自分の名前を言った恵美に凶助は自分の名前を告げた。

さっきまでは突然綾と似た人物に驚いて目に入らなかった

周りの景色が少しずつ見えてきた。

居る場所は何処かの森らしい。

「まあいいや。ここは危ないし、ちょっとついてきて」

凶助は恵美につれられ彼女の家らしき場所へ行った

途中わけの分からない生物がいたが凶助は見なかったふりをした。

家の中に入ってみると、なんというか、ものすごく日本的なつくりになっていた

そこには一人の老人がいた。

「ただいま。純友さん。なんか森で遭難している人が居たから連れてきたよ」

どうやらその老人は純友と言うらしい。それからその純友という老人は

突然老人とは思えない速さで近づいてきた。

「ほう。こやつか。名はなんと申す?」

「く、蔵夜 凶助です」

それから純友はいくつか続けて質問をしたが、凶助はまったく答えなかった。

そこで凶助は純友に1つ質問をした。

「1つ質問していいか?ここは何処だ?」

「ここは魔界の北の森じゃ」

そこで恵美は

「馬鹿じゃない。そんなの当たり前じゃん。まさか記憶でもなくなったの?」

と馬鹿にするように言った。

すると純友は水晶球のように綺麗な球を懐から取り出し

それにてをかざした。

「ほう。これは珍しい。お前は人間界から来たのか?」

「人間界?魔界?」

凶助は頭が少し混乱してきたようだった。

 

2006年9月24日―――

この日、1つの命が人間界から亡くなった。

 

       1 

暗い闇の中、凶助は目を覚ました。

時計には、まだ4時と表示されている。

凶助は軽い朝ご飯を食べ、家を出た。

家を出て凶助はすぐ隣にある新聞社の建物の中に

入った。すると新聞社の社員が

「凶ちゃん、今日も宜しくね」

と言い、凶助に新聞の入った鞄を渡した。

凶助は「いってきます」と言い、新聞社を出た。

新聞社を出て3時間、凶助は家に戻った。

時計には7時17分と表示されている。

凶助は鞄を持ち、再び家を出た。

凶助が向かった先は学校だ。

 

        2

凶助は学校に着いた。

途中教師に「お早う」と言われたが

完全に無視し、教室に向かった。

教室に着き凶助は自分の席に着いた。

すると、ある女子生徒が凶助の席の前に現れた。

「凶助!何時になったら英語の宿題出すの?

もう夏休みからずっと出してないじゃない」

この女子生徒五十嵐 綾と言い、一応凶助の幼馴染でもある。

「るっせえな~。そのうち出すよ。そのうち」

「だから、そのうちじゃ何時になっても出さないじゃない」

そんな時、教師が教室に入ってきた。

「はーい、席座って」

そしてなんたらかんたらやっている内に

今日の学校は終わった

       3 

学校の帰り道、凶助はなにやら考えごとをしているようで

知らぬ間にある路地裏にいってしまった。

そこには、高校2、3年くらいの人が

5,6人いた。

「おい、お前、ここ入ったからには、入場料金払ってもらわねーとな」

と、高校生の一人が。すると

「なーにが入場料金だ。ここはお前らの土地か?」

と凶助が言い返す。

一人がイラついたようで凶助に殴りかかったが

凶助はそれに反応してひらりと身をかわした。

すると他の奴らも突然殴りかかった 。

が、凶助はその何人かを足蹴りし、

残った一人の拳を手のひらで止め

殴り返した。

すると奴らは諦めたのかすぐに立ち去った。

「けっ、雑魚いな。ケンカで俺に勝とうなんて100年早えーんだよ」

と凶助は吐き捨てるように言った。

それから凶助は元の道に出た。

信号は赤だった。

が、その時4、5歳くらいの幼い子供が横断歩道を

渡ろうとした。そして横からはトラックが一台。

「おい、あぶねーぞ。おい!」

「お、お母さーん。どこー?」

凶助はその子供を助けべく

走った。そして凶助はその子供抱きかかえ

とにかく前へ猛ダッシュ。

――ま、間に合わない

凶助はその子供を前へ突き飛ばすように

投げた。そして・・・・・・

救急車のサイレンが鳴り響く

そして、2006年9月24日凶助は死亡した・・・・・・・

 

えー

自作小説を始めようと思います

内容はしょぼいと思いますがどうぞ宜しくお願いします

コメントで感想なんかも聞かせてください

一応予告

この世には2つの世界がある

1つは人間界、もう1つは我々の住む魔界だ。

人間界と魔界は自由に行き来する事はできないが

1つ例外がある。それは・・・・・・・・・

はい、予告終了!

続きが気になる人はまあ毎日来てくださいな

カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール
HN:
マチ
性別:
男性
職業:
中学生
趣味:
音楽鑑賞
自己紹介:
MMORPG「LastChaos」で放浪して行き着いた先は
ギルド「桃ノ花ビラ」
ここに入ったことにより、
急激な成長を遂げ、現在Lv61にてまったりとプレイ中w
ちなみにこのギルド名はある人によると「桃ノ花ビラと聞くとエロく思える」らしい
さてこの変態は誰なのか、
それはここでは言わないでおこう
ヒントとしては
カタルの人ならその大半が知っているハゲ男で
本当に『変態』という2文字がしっくりくる男である
それではこのマチの奮闘日記を特とご覧あれ

Copyright 2006 DREAM Entertainment Co.,Lt ALLRights Reaservd
LastChaosに関わる著作権、その他一切の知的財産権は、DREAM Entertainment Co.,Ltdに帰属します。

リンクについて
基本的にリンクフリーです(誰もリンクしないだろうけどw) 相互リンクを希望する場合最新の記事に 「サイト名」 「URL」 を記入してコメントしてくれると嬉しいです バナーは↓を使用してください

初音ミク
最新CM
[03/05 sophos]
[02/10 ひめっくす]
[01/26 paris]
[12/03 hentai]
[11/28 naruto]
広告
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © セカイノチュウシンデ「マチ」トサケンダケモノ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]