忍者ブログ
セカイノチュウシンデ「マチ」トサケンダケモノ

セカイノチュウシンデ「マチ」トサケンダケモノ

最近本格的にMMORPG「LastChaos」で始動し始めたξマチξのブログでぇすw 見かけたら大声で「ブログ見てます」と言ってやってください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はい
それでは予告通り小説を載せます
と言っても時間的にこの記事で完結させることは無理です
まあ今日は一日中ラストカオスをやっていたせいもあるかもしれませんが
朝7時30分からずっと今までやってたからね
それでは


【小さな春が輝く時】

炎天下―というわけではない4月上旬の小春日和。

春だけあって桜も咲いてはいるがそんなものに目をくれている場合じゃない。

なにしろこの「異常」をつけてもいいくらい急な坂を延々と歩き続けているのだ。

多分今だかつて、これほど坂を恨んだことはないだろう。

お陰で学校には遅刻だ。

入学式なのにな。

    


遅刻はしたもののなんとか入学式が終わり、

ホームルームとでも言うのか。

多分そうだろう

まあ俺は田舎の中学出身だからな。

ホームルームなどという洒落たような名のものとは無縁だった。

担任になった谷岡という教師はそのホームルームで30分くらい話し続けた。

話しの内容は自分が高校生の頃、甲子園に行った(野球部としてとは言ってないけどな)とか

自分の努力とその結果とかなど自慢ともいえる自己紹介をね。

30分も。

入学式終了早々からそんな詰まらん自慢染みた自己紹介をされてもな。

まあそのあと普通かもしれないが

「次はお前らが自己紹介をしろ」などと言い出しやがった。

ったく、面倒くさい。

前の席の―なんと言ったかな。西山だったか。

まあそんな奴の自己紹介が終わり、俺はその西山とかいう一男子が座ったのを見計らい、

立ち上がる。

「湖南西中出身、東谷春輝です。以後お見知りおきを。」

と言い座る俺になんとなく満足感を感じた。

多分それは「完璧に言えた」という喜びからだろう。

まあ、毎年あることだ。

毎年か。

そういえば今年になってもう一つ感じることができるようになったな。

「また普通に学校生活を送るのか」と。

だがそれは間違っていた。

まあ今の俺には分からなかったことだけどな。

色々と考えている内に気が付いたらもう最後の奴の自己紹介が始まるところだった。

「北中出身、門宮小春。他に言うことはないけど、一人だけに伝えることがあるわ。

う~んと…春輝とか言ったかな?後で私のところへ来なさい。」

なんだこの自己紹介は。

最初から俺を指名か。

俺はホストじゃないぞ。

という迷惑そうな気持ちの裏には一つの期待感があった。

高校生活初日から彼女ゲットか。

しかもこの小春は顔が良かった。

スタイルも良く見えるし…ってどこ見てんだ、俺。

そのホームルーム終了後すぐに小春のところへ行ってみた。

「ああ、俺が春輝だが…何の用だ?」

そう言って早々、突然首の裏のえりを捕まれ、

鞄も持たずに俺を引きずり、誰もにいない体育館裏へ連れて行かれた。

人さらいか。お前は。

って良く考えるとここは体育館裏…告白には絶好の場所ではないか!

マジかよ!?

小春が口を開くの見て少し緊張を覚えた。

告白されると予測したときもここまで緊張するのか。

「ねえ、あなたこの地球の人間じゃないでしょ?」

へ?

この地球の人間じゃないって…

「なにを言っているんだ?」

小春の質問に対し、何とか返した。

突然の不意打ちに慌ててでたような気がする冷や汗を拭いたいが

今はやめておこう。

なにより恥ずかしいからな。

「あなた―って面倒くさい。え~と名前は春輝だっけ?
春輝…ハルキ…キルハ…キル!よし!じゃああだ名はキルでいいわね?」

いいはずがなかろう。

もしこれで呼ばれているところを見つかったら皆からこの「キル」で呼ばれることになる。

というのは目に見えている。

「え~と。まず単刀直入に言うと私もこの地球の人間じゃないのよね。」

なにを言っているんだ?

要するに自分は宇宙人です―とか言いたいのか?

「そう。簡単に言うとそんなものね。キルもでしょ?」

はあ?

俺はこの地球で生まれ、この地球で育った。

決してド○ゴンボールの悟○のように幼少のころ地球を侵略しようと送り込まれて、

崖から落ちたはずみに記憶がなくなったわけではない。

完全なる純粋な地球人だ。

「え!?じゃあ何故…」

どうしたんだ?

「私には生命反応感知眼というものを持っていて―」

400文字の原稿を100枚使うほど長く思えるような説明なので

俺が要点をまとめて言おう。

というか俺も良く覚えられたな。要点だけでも。

まあ、要するに生き物には生命エネルギーというオーラみたいなものがあってな。

生き物の種類によってその生命エネルギーの見た目が違って、

それを見るための「眼」をこの小春は持っているそうだ。

それで俺を見た結果、人間の生命エネルギーを持っていなかったとの事だ。

「信じられるか。せめてもう少し間を空けて、自分が宇宙人だという証拠を見せてくれ。」

はあ…

ため息まで込み上げてきやがった。

高校生活初日からこれだもんな。

もしこれが小説かアニメだったら「展開が早い」とでも言うんだろうな。








はあ
疲れた…
まあなんとか書き終えましたb
どうですかね?
完結していないという欠点を抜いたとしたら
初めて主人公視点に書いたんですが
上手くいっているといいですけどね
それでは指導よろしくお願いします
あ、もちろん感想だけでもいいですよ^^b

 

続きはまたあとで書きます
いつになるか分かりませんが…  
PR
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール
HN:
マチ
性別:
男性
職業:
中学生
趣味:
音楽鑑賞
自己紹介:
MMORPG「LastChaos」で放浪して行き着いた先は
ギルド「桃ノ花ビラ」
ここに入ったことにより、
急激な成長を遂げ、現在Lv61にてまったりとプレイ中w
ちなみにこのギルド名はある人によると「桃ノ花ビラと聞くとエロく思える」らしい
さてこの変態は誰なのか、
それはここでは言わないでおこう
ヒントとしては
カタルの人ならその大半が知っているハゲ男で
本当に『変態』という2文字がしっくりくる男である
それではこのマチの奮闘日記を特とご覧あれ

Copyright 2006 DREAM Entertainment Co.,Lt ALLRights Reaservd
LastChaosに関わる著作権、その他一切の知的財産権は、DREAM Entertainment Co.,Ltdに帰属します。

リンクについて
基本的にリンクフリーです(誰もリンクしないだろうけどw) 相互リンクを希望する場合最新の記事に 「サイト名」 「URL」 を記入してコメントしてくれると嬉しいです バナーは↓を使用してください

初音ミク
最新CM
[03/05 sophos]
[02/10 ひめっくす]
[01/26 paris]
[12/03 hentai]
[11/28 naruto]
広告
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © セカイノチュウシンデ「マチ」トサケンダケモノ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]