忍者ブログ
セカイノチュウシンデ「マチ」トサケンダケモノ

セカイノチュウシンデ「マチ」トサケンダケモノ

最近本格的にMMORPG「LastChaos」で始動し始めたξマチξのブログでぇすw 見かけたら大声で「ブログ見てます」と言ってやってください
[146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶり
なんかもう挨拶としてはこれしか書くことないね
本当に久しぶりとしか言いようがないからな
とりあえずオンラインゲームの報告としては
カバルに移住すると期待してくれた方がいるかもしれませんが
やはらい私はLCに残ります
ただでさえIN時間が少なくてLv上げがままならない状態で
折角中級あたりのLvまであげたのに簡単に違うネトゲに移るのは
今までの時間が無駄になったような気がして。。。無理
やと40代の仲間入りも出来たしね
仲間もある程度増えたし
新ギルドにも入れたし
サブマスになぜか任命されたし。。。
とりあえず天使の軍隊というギルドとの仲が私は結構いいので
そこの皆さんと一緒にタクティクスバトルにも出ることにもなったしね
(とはいっても5人だからレートが無駄に高くなって
40代×4のチームとなんか当たったら最後。。。ほぼ勝ち目なんてなしw)
まあ主力は天使の軍隊のギルマス&私(自信過剰だなオィ)になりそうです
同Lvだしね
あるナイトとの戦いで対ナイトの戦法(卑怯なw)も心得たから
Lvの高そうなナイトは私が相手をしないといけなそうだね(高すぎたら無理w)
公式サイトを見たところモーター&増速薬の使用はおkらしいから両方使用して戦います
(使えばインビジ使用直後にすぐに使用したMP50分回復してくれるよw)
他にも対ログ用にインビジ封じのアイテムとかも使うね 多分
逆に使われたら。。。見てないだろうけど他の人 フォローお願いしますw
とりあえず軍団の職を
・スペシャリスト(ギルマス)
・エレメンタリスト(ギルメンその1)
・ウィザード(ギルメンその2)
・テンプルナイト(ギルメンその3)
・レンジャー(私)
この面子です
一番Lv低いのは多分
ウィザードの人
一応火力があるから大丈夫だと思ったけど
ためしに戦ってみて一番威力のある攻撃を受けてみたところ
デッドリーで67^^;(まあLv私の方が結構高いので仕方ないと思うけど)
きついね
31~34の人がいた場合はその人が戦う事になるかも
その他にもソサラが2人
一番心配なのはエレの人(スペは問題なしw)
火力は多分俺より↑だと思うけど
防御面が。。。
精霊が殺された時にはどうしたものか。。。
ソサラだから補助スキルもないし
真っ先に殺される可能性が(ry
まあこんな偉そうな話しはここまで(偉そうでごめんね 大した知識もないのに;;)
とりあえずリアルの話しを^^

この間の木曜日のことなんですが
ちょいとキャンプに行ってました
しかも市主催の
一日中外で健康的な子供のように走り回って遊んでました(反強制的にね
やったのは
・ALTの人が子供に水浸しにしたくてやっているようなゲーム
・水風船使用のバレーボールもどき
・アメリカンドッジボール
・宝探し
以下忘れました
まず最初にやったものは本当にALTの人が私達を水浸しにしたいとしか思えないようなゲーム
どんなゲームかというと
まず各班についているALTの人が水風船を持つ
そしたらじゃんけんでだれが一番かきめる
決まった人から時計回りで順番にALTが決めたテーマに沿ったことを
前の人の言った事も含め言う
例えばテーマが果物だとしたら
1番目の人:バナナ
2番目の人:バナナ りんご
3番目の人:バナナ りんご みかん
4番目の人:バナナ りんご みかん もも
5番目の人:バナナ りんご みかん もも レモン
みたいな感じでどんどん言うものが増えていくという
記憶力&聴覚能力が左右されるゲームで
罰ゲームがちょいと酷いとしか言いようがなかっただよねえ

罰ゲームの内容:間違えた人の頭の上までALTが用意した水風船を持っていく
           その後誰もが予想できるであろうがそれを割る
           当然の如く水風船内の水が降りかかってくる
           私は間違えなかったからまだ良かっただろう
           間違えた人には誰であろうと容赦なしだった

用意のところに濡れてもいい服装でと書かれていた理由が分かったよ
てっきり二日目にカヌー体験というものが予定されていたからその日のためにかと
まあそれでALTは叫ぶ女子の頭の上まで魔の手を4回ほどくれてやってたな
全く。。。酷い。。。
まあ次のゲームで私もかなり濡れたんだけどね
水風船使用バレーボールもどきでね
内容はいたって単純
水風船をボール代わりにしてバレーボールをすると言うものだ
ただ本当のバレーボールのようにレシーブやブロック(これは出来るかも)、スパイクなどは全く出来ない
やったら割れちゃうからね 水風船が
まあそのレシーブやスパイクなどが出来ない代わり
水風船を投げる事ができた
まあ普通に投げたらダメだろうという配慮があって
下から―野球でいうアンダースローってやつ―で投げないといけなかった
でレシーブの代わりに普通にキャッチする
結構簡単だと思うだろうけど
これが以外と難しい
普通どおりにとろうとすると手に落ちたときの衝撃で割れてしまうし
まあとりあえずきつい
割れるか割れないかはとり方を知ってる人以外全員「運」になっちゃうからね
それで私は。。。
とろうとします→手に当たって割れます
これを4回ほど
しかも水風船だから水が降りかかってくる;;
当然濡れました
一回目も二回目も全く濡れていない燵夜氏が不思議だ
しっかり参加してるのか?
てかこんなのにまともに取り組んでる私が馬鹿なのか?
まあどっちでもいいか
そんな感じで水風船使用バレーボールもどきが終わった
次はアメリカンドッジボール
これは知ってる人も多いでしょうね
ルールとしては
コートの中心のボールを2つ置いて
スタートの合図とともに走ってボールを奪い合い
そのままドッジボールスタート
特徴的なのは初めは外野がいないのと
ボールが2つ
それと外野が内野に戻るときのタイミングが内野の仲間がボールをとったときってだけ
ちなみにドッジボール中ずっと私は座ってました
なぜならボールを投げてきても当たらず
たまに飛んでくると思えば簡単にキャッチ
すぐに仲間に渡して続きをどぞって感じでw
まあドッジボールが終わってからの宝探しが難しかった
これは説明が面倒だからやめておこう
ちなみにこのときは女子の命令からほとんどずっと走り回っていたから
体力はすこしついたかもしれないけど
代償としてかなり疲労が。。。
まああれが一番疲れたよ
2時間も探し回ってたからね
もうあれはやだね
本当に疲れた。。。
それでは今日はここまで
今更ながら気がついたんだけど
俺って画像や動画を貼ると文章が短くなるね
どうでもいいけど
(・Д・)ノシ マタアオウネ
押してください↓

  
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
内容は俺の海外派遣事前研修とまったく同じみたいだねw風船は芝生だったから割れる割れるww
tyomuryu 2007/08/15(Wed)14:22:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール
HN:
マチ
性別:
男性
職業:
中学生
趣味:
音楽鑑賞
自己紹介:
MMORPG「LastChaos」で放浪して行き着いた先は
ギルド「桃ノ花ビラ」
ここに入ったことにより、
急激な成長を遂げ、現在Lv61にてまったりとプレイ中w
ちなみにこのギルド名はある人によると「桃ノ花ビラと聞くとエロく思える」らしい
さてこの変態は誰なのか、
それはここでは言わないでおこう
ヒントとしては
カタルの人ならその大半が知っているハゲ男で
本当に『変態』という2文字がしっくりくる男である
それではこのマチの奮闘日記を特とご覧あれ

Copyright 2006 DREAM Entertainment Co.,Lt ALLRights Reaservd
LastChaosに関わる著作権、その他一切の知的財産権は、DREAM Entertainment Co.,Ltdに帰属します。

リンクについて
基本的にリンクフリーです(誰もリンクしないだろうけどw) 相互リンクを希望する場合最新の記事に 「サイト名」 「URL」 を記入してコメントしてくれると嬉しいです バナーは↓を使用してください

初音ミク
最新CM
[03/05 sophos]
[02/10 ひめっくす]
[01/26 paris]
[12/03 hentai]
[11/28 naruto]
広告
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © セカイノチュウシンデ「マチ」トサケンダケモノ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]